多重債務で借金返済できない時は債務整理する方法があります。

MENU

債務整理の種類と内容、各個人で最適な選択は異なります!

債務整理,スグ,相談,無料

債務整理には大きく分けて以下の4種類があります。

 

@任意整理
A民事再生
B自己破産
C過払い金返還請求

 

特に借金を返済する方法は@〜Bの債務整理の方法であり、
それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

「借金を完全に帳消しに出来る方法」
「財産を手放さないで借金の整理を行う方法」など、
どのタイプを選択すれば良いかは現在の借金の状態に寄ります。

 

一番良いのは、財産を手放さないで借金を完全に帳消しできれば良いですが、
現在の借入金額が多過ぎてしまうケースでは、さすがに無理だったりします。

 

他にも「破産者名簿に載らない方法」や「裁判所への手続きが不要な方法」などありますが
全て現在の借金の状態と借金を返済する方法で選択が異なってなって来ます。

 

現在、既に借金地獄の場合は、一刻も早く債務整理に強い専門家に相談するのが良いです。

 

現在、闇金の取立てに困っているのでしたら、闇金対応に強い専門家に相談すればスグに取り立てはストップできます。

 

自己破産

何が何でも借金を返済してしまいたければ、B自己破産という方法があります。

 

自己破産すれば借金は全て無くなりますが、
愛車やマイホームといった自分の財産も全て処分しなければなりません。

 

自己破産は借金返済の究極の方法ですが、
今までの思い出もある財産も全て無くなってしまうためデメリットも非常に大きいです。

 

債務整理は自己破産だけでは無い!

債務整理と聞くと全て自己破産と考えている方もいますが、
たいていのケースでは自己破産しなくても@任意整理
A民事再生(自己再生)といった債務整理の方法で解決に向かうケースも多いです。

 

任意整理

任意整理のケースでは、借金の金額や借入件数がそれほど多くは無いが、
借金の返済が出来なくなった方が対象となります。

 

具体的には債権者との交渉により、今まで返済していた金額を減額してもらう方法です。

 

債権者と対等に渡り合う交渉能力が必要であり、当然、法律の知識も必要になりますので、
信頼の置ける弁護士にまず相談するのが解決の早道です。

 

民事再生

民事再生のケースでは、任意整理を選択したかったけど、
任意整理では借金返済が出来ない、しかし自己破産の選択もしたくない方が対象となります。

 

具体的には、自己破産をしてしまうと愛着のある家は手放すなければならないので、
家のローンは別管理にして再生計画を行う方法です。

 

民事再生では、地方裁判所に申請を行い
再生計画を提出して成立できれば、借金返済の目途が立ちます。

 

民事再生では住宅ローンの減額は行えないので、住宅ローンで困っている方には向かないですが

 

それ以外の借金はかなり減額が可能ですので、魅力的な債務整理方法です。

 

民事再生は自己再生とも言われるように、地方裁判所への返済計画がメインになります。

 

この時も弁護士に相談すると適切な再生計画のアドバイスがもらえ、
自己再生に向けてスムーズに進めることが可能になります。

 

現在、借金の取り立てがあったら、弁護士に依頼することで止めることも可能になります。

 

過払い金返還請求

過払い金返還請求は、@〜Bの債務整理方法とは種類が異なり、
過払い金返還請求の対象者だったら、スグに申請を行った方が良い方法です。

 

過払い金とは、過去に消費者金融などでお金を借りた経験がある方が対象であり、
出資法で定める金利と利息制限法で定める金利の間(グレーゾーン金利)で、
払い過ぎてしまっていた金利を返還してもらえる制度です。

 

グレーゾーン金利は2010年6月に撤廃されており、
2010年以前にお金を借りたことがある方が対象になります。

 

過払い金返還請求には10年と言う時効ありますので、
対象者は急いで対応した方が良いです。

 

この時も債権者との交渉が必要になり法律の知識も必要になるので、
弁護士や司法書士に依頼した方が返還される金額も多く、かかる期間も短くて済むメリットが多いです。

 

弁護士選びに迷ったら、まずは匿名・無料の相談シミュレーターが便利!!

弁護士選びで迷ったら、まずは自分に合った条件から探せる無料相談シミュレーターが助かります!

★全国の法律事務所から一括比較をしてくれるので、自分に最適な弁護士が選べる!

無料借金返済シミュレータ無料しかも匿名何度でも利用できます。

街角法律相談所

>>匿名・無料の借金返済シミュレーターはコチラから利用できます!<<


弁護士選びに迷ったら、まずは匿名・無料の相談シミュレーターが便利!!

司法書士法人杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌の「消費者金融が恐れる司法書士」にて日本一に選ばれました実績!
・全国7か所の拠点で、電話&メールの無料相談実施中!
月3,000件以上の相談実績で、債務整理の専門家ゆえののノウハウが豊富!
債務整理は事務所の方針進め方で結果が大きく変わってしまいます。

↓↓確かな信用と実績の杉山事務所なら安心して依頼することができます!↓↓

司法書士法人杉山事務所

>>過払い金返還金額日本一の【司法書士法人杉山事務所】はこちらから<<


岡田法律事務所

・合計相談件数=30,000件以上の実績!ヤミ金問題も対応可能です!
・債務整理専門の弁護士とスタッフが0から貴方をフルサポート。
初回相談無料全国出張対応24時間365日対応

岡田法律事務所

>>債務整理から闇金まで経験豊富な【岡田法律事務所】の無料相談はコチラ<<


弁護士法人RESTA法律事務所

相談料0円!費用は分割可能・・・家計の状況に合わせ、弁護士費用のお支払も柔軟に対応。
即日対応可能・・・取り立て、督促に対してスピーディーに対応、職場やご家族に内緒で手続きも可能。
安心の経験と実績!・・・粘り強い交渉で、依頼者に出来る限り有利な条件で和解交渉を締結します。

弁護士法人RESTA法律事務所

>>家族に内緒に整理可能な【弁護士法人RESTA法律事務所】はこちらから<<


はたの法務事務所

司法書士歴35年!受任件数7,000件以上の信頼と実績!
・過払い金の調査は無料!全国どこでも無料出張対応中
土日祝も相談できる24時間&365日受付
※相談料金・出張費用・着手金・初期費用・土日対応0円!

>>司法書士歴35年の信頼と実績の【はたの法務事務所】はこちらから<<


アヴァンス法務事務所

過払い金請求で悩んでいるならアヴァンス法務事務所実績豊富で人気がります!
・利用者に優しい各種無料サポートが好評⇒相談料初期費用減額報酬
・債務整理を依頼した時点で借金の返済勧告止めることができるのでまず申し込み!


過払い金返還請求の専門家であり、女性専用の窓口も用意されている。
・女性専用窓口はコチラから申し込み可能です!

手続き期間から見た債務整理に必要な期間

借金返済,すぐ,債務整理,任意整理

債務整理は任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求の4種類があります。

 

4種類の内容はそれぞれ異なり、債務整理期間も違いますので
ポイントを押さえ現在の自分に合った最適な債務整理を選択する必要があります。

 

●任意整理

任意整理は、少額の借金を整理する時、選択される手続きです。
借金の減額がメインの手続きで、手続き後は減額された借金を返済する事になります。

 

債務整理期間は3年から5年で、これは債務者の借金と減額幅によって異なります。
最長5年で完済できない借金は、任意整理の手続きが出来ません。

 

●個人再生

個人再生は、任意整理で解決出来ない借金、持ち家と他の借金を整理する時、選択される手続きです。

 

借金の減額幅は大きく、金額によって減額幅が決まっています。
住宅ローンと他の借金を抱えていても、住宅ローン以外の借金のみ整理する事ができます。

 

債務整理期間は、3年から5年で、こちらも債務者の借金と減額幅によって年数を決める事になります。
債務整理の中で最も手続きが複雑な手続きで、ほぼ専門家に依頼して解決する事になります。

 

●自己破産

自己破産は、減額によって解決出来ない借金を整理する時、選択される手続きです。

 

自己破産は、他の手続きと異なり、借金を帳消し、つまりゼロにする手続きです。
よって債務整理期間はなく、手続き後に返済する借金は残りません。

 

しかし、手続後、7年から10年は個人信用情報機関にデータが残るため、カードやローンの契約は難しくなります。
ですので実質自己破産の債務整理期間は7年から10年です

 

●過払い金返還請求

過払い金返金請求だけは債務整理の中ではデメリットが無いので、対象者の方は着手するべき方法です。
特に過払い金の請求が行えるのは10年と言う時効が設定されていますので、早めに着手するのをオススメします。

 

過払い金は過去に払い過ぎていた金利分を返還してもらえる制度であり、
弁護士に依頼して賃貸業者の和解金で合意できれば半年以内、訴訟まで行くと一年ぐらい必要になる時もあります。

 

相手である賃金業者の財政状況や過払い金に対する対応で期間は異なってきます。
詳細は「過払い金の進め方」で詳しく書かれていますので参照願います。

 

●債務整理のまとめ

債務整理を検討中の人は、各手続きの特徴と期間を理解した上で
自分に最適な手続きを検討して行きましょう

 

法律問題や相手方の賃貸業者との交渉も必要になりますので、
弁護士に相談して進めていくことをおすすめします。

 

その時に依頼する弁護士は債務整理に強い実績のある弁護士さんに依頼できれば
債務期間も短くスムーズに運べますので、弁護士の選び方は重要です。


債務整理を行うと家族に対してのデメリットは生じるのか?

借金返済

債務整理を弁護士に依頼して進めるのは、
借金返済に向けて第一歩を踏み出しているため良いことです。

 

ただ債務整理を進め上で自分だけでは無い家族に対して
何かデメリットが発生してしまうのではないかと心配にもなります。

 

例えば、任意整理や自己破産をした場合、信用情報機関のデータベースに
金融事故情報が記録されてしまいます。

 

家族は住所が一緒であるという理由で、家族が使っているクレジットカードにも
使えなくなったりするのではと心配される方も居ます。

 

では実際に当人が債務整理をした時に家族に与える影響はあるのでしょうか?

結論から言うと、その心配はありません。

 

と言うのは、同じ家に住んでいるとしても、クレジットカードや消費者金融の債務は
個人単位で負うのが基本的な考えだからです。

 

そのため、連帯保証人になっていなければ家族に返済義務が生じることはなく、
家族の誰かが債務整理をしても、他の家族には基本的に影響は無いです。

 

ただ自己破産の場合は、住所が官報に載るので、
その住所に住んでいる家族は、全く影響を受けないということにはなりません。

 

たとえば、家族の内の誰かの結婚相手が信用調査を行った結果、
肉親が自己破産をしていたということが発覚してしまい
悪い印象を与えるといったことは予測されます。

 

そのため債務整理の方法はいろいろありますが、
中でも自己破産は特に慎重に行った方が良いです。

 

もし身内の誰かが結婚を控えているという場合は弁護士と相談して、
破産申請をいつ出すのかというのをコントロールをしている方も居ます。

 

債務整理は借金返済の最後の切り札ではありますが、
全部メリットと甘い話では無いので、しっかりデメリットを回避する配慮も必要になってきます。

 

ただ過払い金返還請求だけは、対象者はメリットしか無いです。

 

その前に過払い金が発生している状況事態が、余分に金利を払い過ぎて
しまっていたデメリットが発生していた状況なので、デメリットを帳消しにできる制度です。

 

過払い金返還請求には請求できる時効もありますので、対象者は急いで対応した方が良いです。

 

債務整理は今後の人生を含めて、自分だけの問題では無いので、
家族と一緒に検討していく前向きな姿勢は重要です。


債務整理を行うとクレジットカードなどの作成は不可能になります。

借金返済

債務整理は借金苦から逃れる最後の手段ではありますが、
最後と言うぐらいですので、メリットばかりではありません。

 

借りたお金を自力で返せない時の手段ですので
メリットばかりではみんなスグ利用するようになってしまい
お金の貸借関係が崩れてしまいます。

 

では債務整理を行った時のデメリットとは何でしょうか?

 

債務整理を行うと一時的にクレジットカードの作成が出来なくなるデメリットがあります。

 

これは個人信用情報機関に債務整理を行なったデータが掲載されるためであり、
任意整理、個人再生では5年、自己破産では10年データが記録して残ります。

 

クレジットカードを発行するカード会社は審査の際、
個人信用情報機関の申込者のデータを参照します。

 

個人信用情報データを参照し債務整理の記録がると、ほぼ審査で落とされます。

 

これが債務整理でクレジットカードの契約が出来なくなる理由です。

 

稀に債務整理中にクレジットカードを取得できる方もいます。

 

しかし債務整理の手続き後では、クレジット・カードの作成をすることは殆ど無理であり、
数年経ってからの取得申請でも、後に利用停止となる可能性あります。

 

このように個人信用情報のデータに残っている限り、
新規のクレジット・カードを作成することは基本的に不可能と考えて置いた方が良いです。

 

債務整理のデメリットは他にもいろいろありますが、クレジットカードなどの
個人信用情報データを利用するものはマイナス属性になりますので、

 

債務整理のデメリットを良く理解した上で債務整理の手続きの検討を行う必要があります。
住宅ローンの申し込みも然りです。

 

当たり前ではありますが、返済可能な借金なら将来に起こるデメリットの事を考えて、
まずは自力で返済して行くほうが良いです。。

 

債務者の中には安易に自己破産に踏み切る人が見られます。

 

しかし、安易に自己破産すると、クレジットカードやローンの契約が困難になります。
結婚してカードローンや教育ローン、住宅ローンを契約したいと思っても自己破産者は出来ません。

 

上記の事を考慮して、借金整理には真剣に向き合って検討していく必要があります。

 

弁護士選びに迷ったら、まずは匿名・無料の相談シミュレーターが便利!!

弁護士選びで迷ったら、まずは自分に合った条件から探せる無料相談シミュレーターが助かります!

★全国の法律事務所から一括比較をしてくれるので、自分に最適な弁護士が選べる!

無料借金返済シミュレータ無料しかも匿名何度でも利用できます。

街角法律相談所

>>匿名・無料の借金返済シミュレーターはコチラから利用できます!<<


多重債務の借金返済の末路と債務整理による解決

借金返済

借金返済が苦しくなってくると、別のところから借り入れをして、借りたお金で返済をすると言ったことを考える人は多くいるようです。

 

気軽に借りることができますが、その末路は多重債務になってしまうと言うこともあるのです。

 

多重債務になってしまうと、なかなか返済ができなくなってしまうのが現状です。
このようになったときにはどうすれば良いのでしょうか。

多重債務者の取るべき行動

その末路というほどのことでもありませんが、債務整理をするのは良い方法だと考えられます。

 

債務整理というのは、言葉の通りで債務、つまり借金を何とか整理することを指します。

 

債務整理にはいろいろな方法があって、返済を一切しなくて良いような手続きをすることもできますし、
減額をしてもらうことができる場合もあります。

 

借金返済ができなくなったときの債務整理の方法として、法的手段は自己破産民事再生があります。

 

法的なものではない方法として、任意整理があります。

 

それぞれにいろいろな特徴がありますが、どの債務整理の方法でも借金返済できなくなったものを何とかすることができます。

 

借金返済が苦しくなって悩んでいるなら、一人で悩んでいないで法律の専門家に相談をしてみると良いでしょう。

 

弁護士や司法書士に依頼すれば、債務整理を代行してくれるので、新しい人生を歩む第一歩を踏み出すことができます。


多重債務で借金返済が厳しい方が、債務整理を依頼できる法律相談所について

借金返済

色々な金融機関からお金を借りていて、多重債務になっていると借金返済が難しくなります。

 

そういう時は、債務整理をしたほうが楽になります。
債務整理は法律問題で難しいですが、債務整理を代行してくれる事務所ととして法律相談所があります。

 

最近の法律相談所は、債務整理を専門にしている事務所が増えており、
そのような事務所を利用すれば、スムーズに債務整理の手続きを進めることができます。

多重債務者の借金返済方法

多重債務で借金返済が難しい時は、まず最初にどのような借金になっているのかを把握する必要があります。

 

ただ一般の人の場合は、そのような計算が難しく、上手く対策ができなくなって借金がどんどん増えるケースも多いです。

 

そういうことでも、法律相談所ならば細かい計算をして、どのような形ならば問題なく処理ができるのかアドバイスをしてくれます。

 

最近では、債務整理のスペシャリストの法律相談所も多く存在しているので、借金の問題をスムーズに解決できます。

 

特に過払い金問題も対応してくれるところならば、借金の整理だけではなくある程度の現金を手に入れられるケースもあります。

 

このように多重債務で借金返済が難しい時は、法律相談所を使って債務整理をするとよく、多くの人が利用しています。

 

利用する時の料金も、かなり安く済ませることが多いので、負担が気になる方でも利用がしやすくなっています。


消費者金融の多重債務で借金返済に困ったら債務整理

借金返済

消費者金融を利用している人が、複数から借り入れをすることによって多重債務になってしまうことがあります。

 

多重債務になってしまうと、借金の返済も困難になってしまいます。

 

そうならないように計画的に借りるというのが、借金の基本なのですが、もう多重債務になってしまっているのなら仕方がありません。

多重債務になってしまっ時の具体的な対応

多重債務者になってしまった時にどうすれば良いのかというと、できるだけ早く手を打つ必要があります。

 

最も良い方法は、債務整理を行うことです。

 

債務整理とは、借金返済に困った人がその返済を何とか解決しようという方法であり、
具体的な方法としては、自己破産民事再生任意整理が主なものとしてあげられます。

 

それぞれに特徴がありますので、どれを選べば良いのか分からない時は法律の専門家に相談をすると良いでしょう。

 

自己破産とは、財産と債務を整理することを指します。

 

消費者金融から借り入れをして多重債務に陥った人の場合、借金返済ができなくなれば自己破産をして借金をなくすことができます。

 

借金はなくなりますが、一緒に財産もなくなります。

 

任意整理民事再生は、財産の一部は守られることになりますが、
その代わりに借金が全て無くなる訳では無いという点が特徴です。

 

それぞれの債務整理には特徴があり、借金の状態により最適な債務整理方法も異なります。

 

債務整理は法律と密接に関係するため、初めて債務整理を行う方は難しいのでが現実です。

 

最近では借金返済の債務整理の相談を、無料で実施してくれる事務所が増えてきていますので、

 

一人で悩んでいないで、無料相談を積極的に活用した方が良いです。

 

最初にどこから始めたら良いのかわからなかったら、街角法律相談所借金返済シミュレーターが役立ちます。

弁護士選びに迷ったら、まずは匿名・無料の相談シミュレーターが便利!!

弁護士選びで迷ったら、まずは自分に合った条件から探せる無料相談シミュレーターが助かります!

★全国の法律事務所から一括比較をしてくれるので、自分に最適な弁護士が選べる!

無料借金返済シミュレータ無料しかも匿名何度でも利用できます。

街角法律相談所

>>匿名・無料の借金返済シミュレーターはコチラから利用できます!<<

 



http://www.yplgj.com/ http://www.vidgamecompany.com/ http://www.jobinmsk.com/ http://www.rmnphoto.com/ http://www.chuacha.com/ http://www.cibetkova-kava.info/ http://www.iconzzz.com/ http://www.kiltanegaaclub.com/ http://www.imnewintown.com/ http://www.cabosport.com/ http://www.maya-my.com/ http://www.armes-annuaire.com/ http://www.arlimit.com/ http://www.neighborhoodknitshop.com/ http://www.realestatebernie.com/ http://www.waalfm.com/ http://www.jingdawang.com/ http://www.tuckersinnvacations.com/ http://www.unionskate.com/ http://www.123photoshop123html.com/